安全体感教育(技能教育)

TRAINING

日鉄住金ビジネスサービス鹿島(2015年10月1日 日鉄住金マネジメント(株)の鹿島事業所における教育関連事業を分割統合)は、作業に潜む危険を体感することによる安全感度向上教育を実施しています。

安全体感教育

特徴

経験豊富な専任講師と充実した実習設備!(実機による実技講習を行います)

講座概要

  • ねらい
  • 現場第一線で活躍する社員の安全意識の向上を図ります。
  • ◆危険に対する安全感度の低下、安全教育のマンネリ化を払拭するために、「高所危険体感」「回転体危険体感」「玉掛け作業危険体感」「電気危険体感」「その他」等 危険体感を通じて安全意識の向上を図ります。
  • 安全体感教育
  • 安全体感教育
  • 安全体感教育
  • 安全体感教育
  • 安全体感教育
  • 安全体感教育

コースメニュー

メニュー 区分 受講料
(税抜き)
実施日 体感項目 受講人数
オーダーコース 1日(6時間)
半日(3時間)
200,000円/
グループ100,000円/
グループ
お客様のニーズと調整 お客様が選択 基本15名/
グループ×
最大3グループ
出張コース 半日 個別 お客様のニーズと調整 お客様が選択 基本15名/
グループ×
最大3グループ

安全体感項目

体感コーナー 安全体感項目 コース名
高所危険体感 墜落衝撃、飛来落下、安全帯の重要性、梯子・脚立の危険など ◆オーダー
半日コース
1日コース
回転体危険体感 稼動設備清掃巻込まれ、低速回転巻込まれ、高速回転巻込まれ、ローラーチェーン巻込まれ、ドリル巻込まれ危険など
玉掛け危険体感 一本吊、手指挟まれ、吊荷落下危険など
電気危険体感 低圧電気感電、電気機器漏電、蛸足配線による火災など
空圧機器危険体感 エアーシリンダー挟まれ危険など
その他危険体感 溶接ヒューム、薄鋼板切創、重量物運搬腰痛危険など
ガス取り扱い危険体感 ガス滞留、ガス水封、ガス爆発・中毒による危険など

安全体感教育(オーダー1日)

講座詳細

内容
体感コーナー 平成27年度 安全体感教育項目 教習時間
(分)
1日コース
推奨
高所危険 1 5m墜落衝撃(タックルバック)体感 9
2 5m墜落衝撃(安全ネット)体感 8
3 安全帯(正しい)装着方法実習 ※ 9
4 安全帯ぶら下がり(一本吊り)体感 11
5 安全帯(正しい)使用方法解説 6
6 安全帯衝撃(ロープの衝撃負荷)体感 10
7 垂直タラップ昇降危険(安全ブロックぶら下がり)体感 13
8 高所足場危険(5m足場歩行)体感 ※ 10
9 高所足場危険(5m開口部のぞき込み)体感 ※ 9
10 高所足場危険(3m簡易足場歩行転倒危険)体感 ※ 23
11 飛来落下危険(ハンマー落下衝撃)体感 9
12 梯子脚立(正しい)使用方法解説 9

13

脚立転倒体感 15
14 安全帯ぶら下がり(フルハーネス衝撃)体感 20
※高所足場危険を受講される場合は、安全帯(正しい)装着方法実習を受講してください。
電気危険 1 低圧電気感電危険体感(電線接触 : 1人ずつ) 17
2 低圧電気感電危険体感(電線接触 : 3人ずつ) 8
3 漏電による感電危険(モータ漏電)体感 9
4 漏電による感電危険(手持ち電気品漏電)体感 9
5 高圧電気感電危険体感 10
6 ビニールコード火災危険体感 10
7 蛸足配線・過電流火災危険体感 10
8 静電気火災・爆発危険体感 10
9 スイッチ操作不良危険体感 10
10 活線切断危険体感 8
回転体危険 1 準備運動(4,5,6項実施時必須) 3
2 高速回転巻き込まれ危険(カップリング巻込まれ)体感 6
3 高速回転巻き込まれ危険(シャフト巻込まれ)体感 6
4 高速回転巻き込まれ危険(衝撃の強さ)体感 11
5 低速回転巻き込まれ危険(巻込まれ速さ)体感 9
6 低速回転巻き込まれ危険(巻込む力の大きさ)体感 14
7 Vベルト・ローラーチェーン巻込まれ危険体感 10
8 ドリル巻込まれ危険体感 8
玉掛け危険 1 吊荷落下危険(ワイヤ切断による吊荷落下)体感 8
2 吊荷落下危険(一本吊りによるワイヤ切断)体感 9
3 吊荷落下危険(当物不備によるワイヤ切断)体感 9
4 手指挟まれ危険(指挟まれ)体感 13
5 手指挟まれ危険(手挟まれ)体感 8
6 荷振れ激突され危険体感(地切り不良による荷振れ) 8
7 荷振れ激突され危険体感(重心移動による荷振れ) 8
8 簡便な吊り具使用時危険体感(チェーンブロック) 10
9 簡便な吊り具使用時危険体感(簡易クランプ) 8
空圧危険 1 エアーシリンダによる挟まれ危険体感 10
その他危険 1 重量物運搬腰痛 12
2 鉄板落下(安全靴) 7
3 薄鋼板切創 11
4 溶接ヒュームじん肺 10
5 溶接間接アース火災 10
ガス危険 1 ガス設備危険(ガス溜まり発生現象)体感 15
2 ガス爆発危険体感 8
3 酸欠・一酸化炭素中毒危険体感(パワーポイント解説) 8

※1日推奨 : 受講可能時間320分に対し推奨項目合計は270分(15人の場合)となります。
不足50分をお客様のご希望で追加してください。

[注意]
選択いただく教習コーナー数が4コーナー以上を選択いただく場合は、各コーナー70分以内の選択でお願いいたします。
会場

日鉄住金ビジネスサービス鹿島(株)教育事業部テクノプラザ
(茨城県鹿嶋市光3番地 新日鐡住金(株)鹿島製鐡所内)

備考
  1. 1. 宿泊をご希望の方はお申し出願います。(宿泊費、食事費は別途ご請求いたします)
  2. 2. 持参品
  3.    筆記用具・作業服(上着)・運動靴または安全靴
  4. 3. 15名 / グループ ¥200,000(税抜)となります。
お問い合わせ先

日鉄住金ビジネスサービス鹿島(株)教育事業部テクノプラザ 担当(清水)

  • TEL : 0299-84-2052
  • FAX : 0299-84-2369

安全体感教育(オーダー半日)

講座詳細

内容
体感コーナー 平成27年度 安全体感教育項目 教習時間
(分)
半日コース
推奨
高所危険 1 5m墜落衝撃(タックルバック)体感 9
2 5m墜落衝撃(安全ネット)体感 8
3 安全帯(正しい)装着方法実習 ※ 9
4 安全帯ぶら下がり(一本吊り)体感 11
5 安全帯(正しい)使用方法解説 6
6 安全帯衝撃(ロープの衝撃負荷)体感 10
7 垂直タラップ昇降危険(安全ブロックぶら下がり)体感 13
8 高所足場危険(5m足場歩行)体感 ※ 10
9 高所足場危険(5m開口部のぞき込み)体感 ※ 9
10 高所足場危険(3m簡易足場歩行転倒危険)体感 ※ 23
11 飛来落下危険(ハンマー落下衝撃)体感 9
12 梯子脚立(正しい)使用方法解説 10

13

脚立転倒体感 15
14 安全帯ぶら下がり(フルハーネス衝撃)体感 20
※高所足場危険を受講される場合は、安全帯(正しい)装着方法実習を受講してください。
電気危険 1 低圧電気感電危険体感(電線接触 : 1人ずつ) 17
2 低圧電気感電危険体感(電線接触 : 3人ずつ) 8
3 漏電による感電危険(モータ漏電)体感 9
4 漏電による感電危険(手持ち電気品漏電)体感 9
5 高圧電気感電危険体感 10
6 ビニールコード火災危険体感 10
7 蛸足配線・過電流火災危険体感 12
8 静電気火災・爆発危険体感 10
9 スイッチ操作不良危険体感 10
10 活線切断危険体感 8
回転体危険 1 準備運動(4,5,6項実施時必須) 3
2 高速回転巻き込まれ危険(カップリング巻込まれ)体感 6
3 高速回転巻き込まれ危険(シャフト巻込まれ)体感 6
4 高速回転巻き込まれ危険(衝撃の強さ)体感 11
5 低速回転巻き込まれ危険(巻込まれ速さ)体感 9
6 低速回転巻き込まれ危険(巻込む力の大きさ)体感 14
7 Vベルト・ローラーチェーン巻込まれ危険体感 10
8 ドリル巻込まれ危険体感 8  
玉掛け危険 1 吊荷落下危険(ワイヤ切断による吊荷落下)体感 8
2 吊荷落下危険(一本吊りによるワイヤ切断)体感 9
3 吊荷落下危険(当物不備によるワイヤ切断)体感 9
4 手指挟まれ危険(指挟まれ)体感 13
5 手指挟まれ危険(手挟まれ)体感 8
6 荷振れ激突され危険体感(地切り不良による荷振れ) 8
7 荷振れ激突され危険体感(重心移動による荷振れ) 8
8 簡便な吊り具使用時危険体感(チェーンブロック) 10
9 簡便な吊り具使用時危険体感(簡易クランプ) 8
空圧危険 1 エアーシリンダによる挟まれ危険体感 10  
その他危険 1 重量物運搬腰痛 12
2 鉄板落下(安全靴) 7
3 薄鋼板切創 11
4 溶接ヒュームじん肺 10
5 溶接間接アース火災 10
ガス危険 1 ガス設備危険(ガス溜まり発生現象)体感 15
2 ガス爆発危険体感 8
3 酸欠・一酸化炭素中毒危険体感(パワーポイント解説) 7
[注意]
選択いただく教習コーナー数が4コーナー以上を選択いただく場合は、各コーナー70分以内の選択でお願いいたします。
会場

日鉄住金ビジネスサービス鹿島(株)教育事業部テクノプラザ
(茨城県鹿嶋市光3番地 新日鐡住金(株)鹿島製鐡所内)

備考
  1. 1. 宿泊をご希望の方はお申し出願います。(宿泊費、食事費は別途ご請求いたします)
  2. 2. 持参品
    筆記用具・作業服(上着)・運動靴または安全靴
  3. 3. 15名 / グループ ¥100,000(税抜)となります。
お問い合わせ先

日鉄住金ビジネスサービス鹿島(株)教育事業部テクノプラザ 担当(清水)

  • TEL : 0299-84-2052
  • FAX : 0299-84-2369

※2016年4月以降、公開コースの開催は見合わせとなります。

このページの先頭へ